会の提案で実現した石ころ拾い。当日の公園には50人を超えるボランテイアが集まりした。おなじみのトングにバケツで慣れた手つきで石を拾ったり、熊手でかき集めたり。中野駅南側や鷺宮からの公園大好き人間や、お散歩中の保育園児たちも参加しました。30年間赤ちゃんから若者・お年寄りまで思い思いに遊び、時を過ごしてきた公園には、利用者同士の気遣いや譲り合いで、みんなが気持ちよく過ごせる場所にしていこうという「平和の森公園の文化」が根付いています。姿は変わっても、「平和の森をもっと居心地よい公園にしたい」、長い工事期間の後やっと再開した公園への変わらないこの思いが、次の世代にも引き継がれていきますように!
IMGP6097  IMGP6101
集められた石の山
IMGP6106 IMGP6107 。IMGP6103 富士山も見えました。

それでも、まだまだ小石はなくなりません。21.2 (4)
今日もトングとバケツの石拾いが続いています。どうしてこんなことに??どなたか説明してください。