IMGP5003 IMGP5006
  -シロツメグサにおおわれたあの原っぱで遊びたい!!-(2018年5月撮影)

 10連休が終わり、いよいよ明日から中野区議会の新体制が本格的にスタートします。
 
すでに第1期工事を終え、第2期工事も開始されている平和の森公園は、5月になってもみずみずしい草の原っぱで遊ぶことができません。どれだけ多くのお年よりや若者、幼い子どもたちが悔しい思いで白いフェンスを見つめていることか・・・・。
 あまりにも無残な姿に変えられた平和の森公園だからこそ、「草地広場だけは何としても残して!」、私たちはますます思いを強くしています。

 区議会議員選挙の公園周辺の結果は衝撃的でした。「公園守る」を掲げた候補者が断トツのトップ当選の一方、再整備を推進してきたベテラン議員2人がまさかの落選。
 当選者の内訳は、これまでの経過からみて、酒井区長の提案した平和の森公園再整備「変更案」を是とする議員が定数42の過半数になる可能性があります。
 
 4年前の区議選から持ち上がったこの問題で、一度も変わらなかった民意はどこにあるのかがはっきりしました。新議員のみなさんには、ぜひ、この結果を真摯に受け止めてもらいたい。
 
 新しい議会で「草地広場」を残す議案が審議され、過去のいきさつにとらわれず、全議員が賛成することを求め、「緑とひろばの平和の森公園を守る会」は行動を続けます。

-経過資料-
☆2018年中野区長選挙時実施「守る会」の立候補者アンケート
201804区長予定候補者公開質問状まとめ
☆2019年3月15日本会議での、「変更案」賛否の態度
ニュース54号裏議員一覧
☆2019年4月中野区議会議員選挙立候補予定者(新、元)へのアンケート
201904新・元立候補予定者アンケート